★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== このBlogはSeason1の続きです。 ==
== 【Season1】は ↓ こちら ==
≪ 世界遺産に魅せられて… Season1≫

==過去に書いた記事と、本日の更新情報 ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


  *** 「テュネル」っていう地下鉄は、なんと世界最短! ***


ホテル前の大通りを渡って、路地に迷い込めば
そこはもう、昨夜の散策で知りつくした

「インスティクラール通り」

なんです。
ここ通りには、「トラムヴァイ」と言う、
路面電車が走っているのですが、
単なる「トラムヴァイ」ではなく

「アンティーク トラムヴァイ」

が走ってるんですね。

これがまた、いい雰囲気をだしてるんです。

路面も、日本の様な味気ないアスファルトじゃなく
石畳の様な感じ…

以前、「イスタンブール」の大まかな地形を
見ていただきました。
参照: =>『 夜のイスタンブール 前編 』

これから向かうのは、「旧市街」なので、
海を渡って行かなければならないんですね。

海を挟んだ「新市街」と「旧市街」を結んでいるのは、
「ガラタ橋」と言う、大きな橋なんですわ。

で、今いる「インスティクラール通り」からその、
「ガラタ橋」の「新市街側」の袂まで、
「地下鉄」が走ってるんだよね。

アタシャ、その地下鉄の駅に向かってるんですわ!

通勤途中と思われるサラリーマンや、OLさんの姿が
道行く人の大半をしめてまして、昨夜の雰囲気とはずいぶん違います。

さて、その地下鉄… 実は… なんと…

「世界最短」

なんです。

乗り物で、世界最短ってすごくね?

「なんの意味があって作ったんだよ!

って話じゃんねぇ?
この「世界最短地下鉄」、

「デュネル」

って名前なんですが、
ちょっと調べてみると、
世界最古の地下鉄の部類になるんだって
できたのは、1875年

どうやら、「実験線」的な意味合いがあったんじゃねぇの?

って事らしい… ま、それなら「世界最短」も
わからなくはないよね。

でおもろいんだよ!
切符じゃないんだよ!
「コイン」を買うんだよ!

ゲームセンターか!

って話やね(^^;

ま、一律料金だからできる事なんだろうけど、
これがなかなか理にかなっていてね。

複雑な、券売機や、自動改札やらがいらないわけよ。

改札だって、そのコインを入れれば遊園地の乗り物入り口に
よくあるようなバーのロックが外れるって仕組み。

で乗り込んだ、この「テュネル」…

まぁ、ほんとに短いやね。
物珍しいから、ちょっとキョロキョロしてる間に着いちゃう(^^;

所要時間、およそ3分…

「上野動物園」のモノレールに匹敵するくらいの、
物足りなさ加減… (^^;
  参照 => 「恩賜上野動物園」

さ、その噂の「テュネル」、見ていただきましょう!
c0207322_8514191.jpg

もっとしょぼいかと思ったら、割と小ぎれいよ(^^)

って事で、たどり着いたのは前述の通り
「ガラタ橋」のこっち側の「橋の袂」ね。(^^;

この橋を渡れば、「旧市街」… 街そのものが「世界遺産」です。

つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-31 08:53 | エクスプレストルコ



  ** 夜明けのイスタンブールで体験する「アレ」とは?? **

わりとねぇ、「旅先で眠れなかった」って事の経験がない体質なのね(^^;

今回の様に、バスで何百キロも移動して、その間にウトウトしたとしても、
ちゃんと夜には眠くなるし、「時差」ってのもあまり意識しない(^^;

なんせ、ハードスケジュールのツアーが多いからね。
疲れ果てて寝るって状況なんですわ!

ましてや、明日はイスタンブールでの自由行動。

朝からびっちりと予定が組んでありますから、
なるべく早く寝なくっちゃね。

って事で、夜のイスタンブール散策から帰って
とっとと寝たわけです。 (--)ZZzzz

何時間経ったか知らんが、
「意識と無意識」のはざまで彷徨うアタクシ…

ん? これって モーニングコール?
ん? これって まだ夢の中?
ん? これって なにかの町内放送?

しばしの、行ったり来たり感から
徐々に意識がはっきりしてきます。

「なんだ? この大騒ぎは!」
「なんかの 緊急事態か?」

次の瞬間、外の明かりが少し入る部屋の中で
すべてを悟ることとなります。

時刻は、午前6時ちょうど…(だったと思う)

ここは、イスタンブールのホテルの部屋…
外から、ものすごい大音量で聞こえてくる耳慣れない
「空気の振動現象」… (^^;

そう! 「コーラン」なんです。

たまたま、そのホテルがスピーカーの近くだったのか
なんなのかは知らんが、まあ、すごい大音量なのさ…

眠りから無理やり引き戻されたとはいえ、
こりゃまぁ、濃厚な「異国情緒」だよね(^^;

こんな事があるなんて、まったく知らなかったからね。
それも手伝って、逆にちょっと得した気分になったりして…

イスラムの世界なんですねぇ~~

外から入ってくる、明かりは妙に赤っぽくてね。
そこに流れるコーランと相まって、
非常にエキゾチックな感じだったのが印象にあります。

が!

この後をよく覚えとらんのですよ(^^;
たぶん、そのまま二度寝せずに起きちゃったと思うんだけどねぇ。

でね、さらによく覚えてないのが…
っていうか、まったく覚えてないのが、この後の
このホテルでの朝食…

この旅行記を書き始めた時から、この「コーラン」を聞いた事は
書こうと思っていたんです。
そして、その後はこれから始まる「イスタンブール大探検」の話でしょ?

まさに、「狭間」!

もしかすると、旅行記書こうと思ってから、このホテルでの朝食の事は
一度も思い出さなかったのかもしれん…

そりゃ、忘れるわな(^^;

「ヘルマンの忘却曲線」を具現化してますがな! ウハハハ…

ここで思いついたね。

「このホテルのレストランの写真でも見れば、なんか思い出すかも…」

手持ちの写真もないんで、ネットで探しました。
そしたら、こんなのが…

ホテル ユーロプラザの写真

またドンピシャな事に、朝食のビュッフェらしきものまで…

「すげぇな! インターネット!」

と、思いつつも、それでもまったく思い出せませんでした(^^;

さあ! でも、大丈夫!
ここからは、ホテルの前の横断歩道を渡るところからして、
しっかりと覚えてますからね。 (^^)v

イスタンブールの探険に出発です!

つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-30 08:39 | エクスプレストルコ




  ** 魅惑のイスタンブールの夜 **


本来、この日の午後は「自由行動」だったって事は、
既にお話しした通り…

って事は、夕飯は外で食べないとならない想定だったんです。

つっても、一息ついた時点で、もう夜の7時とかってレベルなのさ…
この日潰れた分を、翌日に回したため、最終日の自由行動は
超! ハードスケジュール… (^^;

これから街にでて、レストランなり、飲み屋なりを探し出して
楽しむなんて余裕はちょっとない感じなんですわ!

かと言って、なにも食わないわけにはいかない…

でね、唯一の救いともいえるのがこのホテルのロケーションなのさ。

また、例の
「今どこ? がわかる 『エクスプレストルコ』 GoogleMap版」
をご参照ください。

アイコンエリアの、「インスティクラール通り」をクリック!
ホテルから近いでしょ?
大通りを渡って、路地を抜ければすぐなのよ。

で、この通りがいわゆる繁華街でね。
ブランドショップなんかも軒を並べる、
「ミニ銀座」みたいな感じなの。

そこに、路面電車が走るという異国情緒もプラスされ
観光スポットとしても必ず紹介されるところ…

「とりあえず、この通りにいきゃ、なんかあるだろ…」

って事で、夜のイスタンブールへ…

「インスティクラール通り」自体は、結構ショップが多い感じなので、
ここはあえて、路地を探険! (^^;

「仏蘭西通り」と呼ばれる路地を進みます。

アップダウンが激しく、途中に石の階段とかあって
なんか雰囲気はいい感じ… 飲食店もちらほらあります。

路地沿いにあったライブハウスからは、
なんだか聞きなれたギターのリフ…

「スモーク・オン・ザ・ウォーターじゃん!」

世界共通なのね。 なんだかちょっと嬉しくなったよ(^^)

でも、なんかフラッとはいって、軽く食べられるって
感じのお店もないんだよねぇ~ (^^;

ここで目に着いたのは、小さな雑貨屋さん!
↓ の話でも言ってるけど、
『 [チャングムの誓い]ロケ地 & 韓国世界遺産ツアー【 おっさんの原宿 編 】』

お土産って、空港とか、お土産屋さんで買うんじゃなくて、
街のスーパーとかで買う方がおもしろいと思わない(^^;

で、今回すでに、あるものをお土産にしようと決めていたモノがあるんです。

それは、「クノール カップスープ」… (^^;

ここまで、このBlogを読んでいる方位「トルコ通」になったら
もうお分かりかと思いますが、トルコでの食事はかならず、
最初にトマトスープが出てきます。
で、これが割とうまいわけよ…

って事はぁあ?

絶対インスタントのヤツもあるよね?
ま、「クノール」かどうかは知らんが(^^;…

で、雑貨屋さんに入って物色すると、

雑貨屋さんって事はないなぁ~
なんていうんだろう…
ヨロズ屋さん? (^^;
ミニスーパー的個人商店?
ま、そんなのがあったのね。

… ありましたありました。

しかも、本当にクノール…
しかも、すげぇいろんな種類が…
しかも、日本じゃ見かけない種類ばかり…
しかも、説明書きはトルコ語…(←あたりまえ)

いいじゃない! こんなんお土産にいいよね。

って事で、買い占めました。
いや、ほんとに…
棚のヤツ全部買っちゃった(^^;

こんな事で盛り上がってれば、
当然時間はどんどんと経つわけで、
結局夕飯は、ホテルからの道のりにて
「インスティクラール通り」に出てすぐに目に付いた、

ホットサンドの、ファストフード店
[AYVALIC TOSTCUSU]
c0207322_8373388.jpg

で、済ますことにしました。 アハハハ…
Webサイトも見つけたよ! ↓
http://tosssip.com

でもまぁ、これって日本じゃ見かけないから
よしとしますか…

ってか、よしとしてよ、お願いだから、よしとしてください。(^^;




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-25 08:38 | エクスプレストルコ



  ** ほんとうにアジアとヨーロッパの境目なんだね **


さて、荷物も無事宿泊ホテルに届けられ、ようやく一休み…

今回、イスタンブールで宿泊するのは、


「ユーロプラザ(EURO PLAZA)]


と言うホテル。

ちなみに、アップグレードの方は

「ジェイラン インターコンチネンタル」

と言うホテルです。

さ! じゃぁ、ここで久々に

「今どこ? がわかる 『エクスプレストルコ』 GoogleMap版」

をご覧いただきましょう! ↑ をクリックね。

ブラウザの左側、アイコンエリアの一番下に追加されている

「ホテル ユーロプラザ (EURO PLAZA)」

のアイコンをクリックしていただきましょうか!
イスタンブールでのホテルの位置が表示されたと思います。

で、折角ですので、ここでイスタンブールの地形について
把握していただきたいと思います。


「ユーロプラザ」の説明が表示されたところで、
地図の「拡大/縮小」のメモリがあるじゃない?
一番上の所が「ストリートビュー」に切り替える
「人型」のアイコンになっているヤツ…

このメモリを、真ん中くらいにしてみて。

下の方に「イスタンブール」って文字、
その上に「ガラタ」って文字、
右側に「ユスキュダル」って文字、
が表示されてるかな?

「ユスキュダル」の上の方で、
「アンカラ」からの道のりが終わってるよね。

これはもう、「イスタンブール」に入ったってわかるから
ここまででいいか… って事で終わってるのね。(^^;

ここからは、明日に控えし自由行動のルートを詳細に表示したいからさ…

で、この「ユスキュダル」って書いてある所の「側」を
「トルコのアジア側」って言うのよ。

で、海を挟んで左側を「トルコのヨーロッパ側」って言うのね。

この二つを分けている海の部分は、「ボスボラス海峡」
って言うのさ…

そして、ここからが重要よ(^^;
ヨーロッパ側も、海を挟んで上下に分かれてるじゃない?
間に挟まる海が 「金角湾」

上側の「ガラタ」って書いてある方を「新市街」と呼んでいます。
こっちは、ふつうの近代的な街ね。
だから、ホテルもこちら側にある。

下側の「イスタンブール」の文字がある方を「旧市街」と呼んでいます。
こっち側にこそ、すでに見学した
・「ブルーモスク」
・「アヤソフィア」
・「トプカプ」

なんかがあるんですよ。

このあたりの位置関係、ちょっと頭に入れていただけると、
よろしいんではないかと思う次第です。 (^^)

って事で、続く…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-23 08:23 | エクスプレストルコ


  ** またしてもトラブルか? ホテルについて気がついた事は? **



ない!

ない!

ない、ない!


かしいなぁ~~

アタシラの荷物って、ここにまとめてあるやつだよね?

もう一度、端から調べます。

もしかして、ふた島にわかれてる? (^^;

いや、どうもそんな事はなさそう…

明らかに、kizz_army一行の荷物がない!

う~~む…



と、ここでずいぶん昔の話(2009/9/15著)になってしまってますが(^^;
『 【エクスプレストルコ 8日間】 ホテル パムッカレ リッチモンド スパ編 (前編)』
てな話を復習していただきましょうか…

この時は、単純に荷物が部屋に着くのが遅かったわけですが、
その過程で、こんな事を思っています。

------------------
なんせ、ほんと荷物が来なきゃ、
なにも始められないからね(^^;

全体的に遅れているのならいいけど、
「自分の荷物だけなんらかのトラブルに??」
って事も、考えてしまうわけじゃないですか!
------------------

それが、今まさに、現実になるかも?

って感じのシチュエーションなわけじゃん!

散々探した揚句、とうとう結論に至ります。

ない!

明らかに、荷物がありません。 (T_T)

ほんとに、現実になっちまいやがった!


こりゃもう、ガイドのさっちんに相談するしかありません。

「あのぉ~~~、なんか荷物がないみたいんなんですけど…」

と、言った瞬間、そりゃもうこんなわかりやすい表情の変わり方が
あるだろうか?って位に、さっちんの表情が変わりました。

ガイドブックなんかに書いてあったりするのを
見たことあるかもしれないけど、ホテルのロビーって
不特定多数が自由に出入りできる割に、
建物内って事での安心感も手伝って、結構危ない所なんだよね。

そこで荷物がないとなれば、そりゃ悪い方向に考えるよね。

しかも! しかもなのよ…

「気球の予約の件」だったり、参照 =>「気球はどうなった?」編
「ビールが来なかった件」だったり、(これもリッチモンドでの出来事でしたね)
更に更にの「アンカラ特急運休の件」も含めて、
さっちんは、実は結構kizz_armyに対しては
恐縮しきりってな感じも無きにしも非ずだったわけ。

それが、今度は荷物がないってのは相当やばいよね。(^^;

だって、今バスから降ろしたばかりなんだもん、
kizz_armyの管理下にあったわけじゃないんですよ。

これでメインのスーツケース(旅の荷物一式)がなくなっとあっちゃぁ
そりゃまぁ、よろしくない状況だよね。

とここで、時間をちょっと(小一時間くらいかね)戻します…

「陶器屋」を出た後は、まっすぐこのホテルに来たわけじゃないのよね。

アタクシが、パムッカレで「洞窟ホテル」をオプション選択したように
ここ、イスタンブールでもワンランク上のホテルに泊まるオプションがあったの。

そっちのホテルに、先に行ってたいたのさ…

だからね、「どうせそっちで間違えて荷物降ろしたんじゃね?」

ってのがあったのね。

それと、最悪、最悪よ?

すべての荷物がなくなったとしても、
ほんとうの貴重品は手元にあるし、
中身は着替えとか、買い替えがきくものがほとんどだからね。

もちろん、全然平気ってわけにはいかないけど、
まぁ、人生(海外旅行)はそんなもんだって感じじゃん?

アタクシ的には、そんな感じだったのですが、
そうはいかないのがガイドのさっちんです。

さっちんも「そうあってほしい」ってのは当然思ってるだろうけど、
「あっちのホテルでまちがったのかもね?」
って事も一応告げまして、対応を見守ります。(^^;

だって、もうkizz_armyとしては、どうしようもないからね。

さっそく、もうひとつのホテルに連絡を取って、
荷物を探してもらう手筈を整えてくれました。


しばしの待ち時間… 気が気じゃないよね(^^;


… … …


… … …


… … …


… … …


… … …



荷物… あったってさ…

その可能性が強いと思っていたので、
「あぁ、やっぱりね」って感じだったものの
ほんとひと安心、荷物も持ってきてくれるそうです。

しかしまぁ、ここでも、さっちんはそうはいきいませんでした。

むこうのホテルにあると分かった瞬間、
ほんとに床に崩れ落ち、倒れこみそうなリアクション…

「よかったね、さっちん…」

って、言いたくなる位でした。

ま、とにかくよかったよかった(^^)V




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-20 08:16 | エクスプレストルコ



   ** トプカプの後の陶器や、あの貴重なお宝を見た後にだよ? **


「トプカプ宮殿」の探検は、大、大、大満足でした(^^)v

まぁ、すげぇお宝があるもんだね。(^^;

さて「トプカプ宮殿」の敷地からは、妙に閑散とした
路地の様な所を通って、表通りに出たんだよね。

「なんで、こんな所を通るんだ?」

って、感じの道よ。
で、表通りに出ると、そこには路面電車が!

なかなかの異国情緒なのですが、
そのまま、なだれ込むように連れ込まれたのが…

お待たせしました。 (^^)
例の、「組込お土産や訪問」のコーナーでございます。

「ファッションショー & 革製品即売」
「トルコ石鑑賞 & 即売」
「トルコ絨毯織り & 即売」

に続く、第四弾!!

   「 陶芸工房 」

でございます。

お店は、1FフロアとB1フロアがあるのですが、
1Fの一番奥まったところに、まるで「小劇場」の様な
ロクロの実演コーナーが…

20人位で満杯かな?
ステージのような所で、粘土の質の話から始まり、
ロクロを回して、陶器が形作られていく様を
説明してくれます。

ま、ありがちっちゃぁありがち…(^^;

さすがにね、ここは逃げ出せないよね(^^;
一応、おとなしく説明に耳を傾けます。

このショーから解放されたら、一応店内を一周…
あとは、単なる時間つぶしに突入よね。

とは言え、やっぱりここでも買う人は現れる。
ま、その人達の商談待ちって感じ…

また、この時間をたっぷりとっているんだわさ!

「もうちょっとトプカプ宮殿にいてもよかったんじゃね?」

って、話よね。

もうさぁ、

無条件に皿一枚買うから、
「トプカプ宮殿」にいさせておくれ…
その間に包んでおいてくれればいいよ。


ってのはどう? (^^;



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-19 07:46 | エクスプレストルコ



** ルパン三世とかでしか見た事のない様なお宝がどっさり **



さ、いよいよ、メインの「宝物館」に足を踏み入れます。


中でも有名なのが、
「スプーン屋のダイヤモンド」と言われる巨大ダイヤ…

その大きさ86カラット。
世界で5番目にでかいんだってよ。

ティアドロップ型なのがまたなんとも
非現実的といいましょうか… ルパン三世とかの
アニメに出てきそうな造形なんだよね。

そしてもう一つが
「トプカプの短剣」
絵の所に巨大エメラルドが埋め込まれているんだよね。
これがまたなんともすごい宝物だよ。

って、さすがに文章だけではなんなんで、
画像を…
なんて、ここはもちろん撮影禁止(^^;
さっきの有田焼とは扱いが違うわね。

って事で、探しました。

まずは、「トプカプ宮殿」の公式Webサイト ↓
「TOPKAPI SARAYI」


そして、わりとわかりやすい画像が載っているこのサイト ↓
「トプカプ宮殿の宝物」

でうです?
「どんなもんか」位はおわかりいただけたでしょうか?

でもまぁ、さすがに生の輝きはすごいよ。
さすがにこれらの展示されているエリアはかなりの人だからね。
いつものように、用意したオペラグラスで、じっくりと細部まで
鑑賞させていただきました。

       が!

警備員さんに注意されちゃいました。

なんで? どうして?

カメラと思われた? まさかね… (^^;
なんかの武器だと思われた? まさかね… (^^;

はっ!! ( ̄□ ̄;)
もしかして…
細部まで見られると、なんか困ることでも? (^^;

あぁ、失敗した。 なんでダメなのか聞けばよかったよ。

てなわけで、「宝物館」は一応終了。

そして、厨房エリアの反対側に位置する建物は
「聖なる外套の館」と言いまして、
「イスラム教」関係の展示物がどっさりで、
預言者マホメッド(ムハンマド)の

・歯
・髭
・外套


なども展示されていましたよん♪

この、「聖なる外套の館」は、「宝物館」に比べると
若干マイナーな感じなのですが、どうしてどうして
非常に興味深い展示物が満載でした。

中でも気になったのが、

「CASE of BlackStone」

と書かれた、木片の様なもの…
これがなんだかさっぱりわからない…(^^;
ネットで調べても、よくわからない… (^^;
なんかの棺みたいなものなのかな?とも思ったんだけど…

だれか、教えて!(^^;

って事で、つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-18 08:10 | エクスプレストルコ



  ** トプカプと有田焼のミスマッチ感覚 **


まずは正門ね。
『帝王の門』って呼ばれているそうです。
c0207322_862420.jpg


でもって、その中にはまったく微動だにしない警備の兵隊さん…
c0207322_872025.jpg

これがね、ほんとに、まったくもって、いやさまじで、
微動だにしない、ピクリともしない。
ある意味怖い(^^;

「ほんとに、ほんもの? (^^;」
そぉ~~~~~~~っと、手を伸ばし触ってみたくなる…


この門をくぐると、結構広大な第一庭園
次に待っているのが、またもや門… (^^;
『挨拶の門』って呼ばれているそうです。

実は、この門こそがトプカプ宮殿の顔でして、
トプカプ宮殿を紹介した何かには、必ずと言っていいほど、
この「挨拶の門」の画像があるのですが、
このBlogでは、なぜかありません(^^;


で、ここから先が有料のエリアとなります。
とはいえ、団体さんなんでチケットもらっただけだけど…

注意しないといけないのが、例のかの有名な「ハレム」ね。

「ハレム」だけは別料金になるそうです。
ま、時間の問題もあって今回は断念しました。

でもって、更に更に門が出現… (^^;
『幸福の門』と呼ばれているそうです。
c0207322_88295.jpg


「前編」にも書きましたが、トプカプ宮殿は
いくつかの建物にわかれております。

まず目に入るのが、いかにもそれとわかる
煙突が目印の「厨房エリア」

ここは、当時の調理器具やら、
世界の陶磁器やらが展示されています。

どうよ! この鍋のでかさ!
c0207322_891558.jpg

そして、陶磁器エリアで発見したこの逸品…
c0207322_810231.jpg

有田焼って高いんだわ!
「なんでも鑑定団」 => 参考:『鑑定額… オープンザプライス!!』
にて、仕入れた知識からすると
たぶんこのクラスだと数千万はするんじゃね?

そんなんが、ずらぁ~~~~~~~~~っと並んでるんだから
まさに宝物館だわね。(^^)

で、この厨房エリアの奥が、ほんとうの「宝物館」になるのよ(^^;

ここがまぁ、ほんとすごいんだわさ!

って事で、「宝物館」の話は、また次回(^^;


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-17 08:12 | エクスプレストルコ



** 「トプカプ」ってなに?? 「大砲の門」の事らしいっす! **



かの「ブルーモスク」を見学し終えて向かったのが

「トプカプ宮殿」

ってところ…
位置的には、「ブルーモスク」から徒歩圏内。

お向さんの「アヤソフィア博物館」の裏手が
この「トプカプ宮殿」になるって寸法でございます。

でも、どう?
「ブルーモスク」の方がメジャー度は高いような気がしない?

「アヤソフィア」ってぇと、
なんか聞いたことあるような気もするけど、
「トプカプ」となると… う~~む… って感じじゃない? (^^;

しかしまぁ、ここにあるお宝どもの「お宝度」ときたら
半端じゃないよ。

まさに…
「 はんぱねぇ~~~っ!! 」(by トータルテンボス)
って感じなわけさ

で、このトプカプってのが何者かってぇと

【「バーディシャー」の住居 】

って事らしいっす。
バーディシャーってなによ? (^^;
単純に言うと「君主」の事らしいのね。

つまり、トプカプ"宮殿"って言うだけあって
早い話「王宮」なんだわさ!

ところが! ことイスラム世界の話になると
「王様」って概念がないらしい… (--;

これが、非常に話をややこしくしている(^^;

「ブルー・モスク」の正式名称覚えてますか?
(普通おぼえとらんわな(^^;)

「スルタン・アフメト・ジャーミー」でしたね。

スルタンってのが、「権威者」でした。

ひとランク上の国を治めるレベルの人を
「オスマン帝国」では「バーディシャー」
と呼んだらしいです。

って事で、まず「前篇」は「トプカプ宮殿」の
基礎知識編でございます。


「トプカプ」ってのは、
「大砲の門」って意味らしいのね。

できたのが1478年頃で、そっからずっと増改築が
繰り返されて今の形になったんだってさ。

でその敷地面積もすごいよ

約70万平方メートル…
えっと、おなじみの東京ドーム単位で言うとぉ~~

何個くらいかねぇ? (^^;

なので、敷地の中はいくつかのエリア、
建物にわかれております。

有名なのは、「ハレム」ってやつね。
それと、「宝物館」

一通りの説明をうけますってぇと、
自由時間の始まりです。

さっ! 「トプカプ宮殿」探検に出発だよん。



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-16 08:29 | エクスプレストルコ



** 割と有名な「アヤソフィア大聖堂」、でも外から眺めるだけ **


実は、「アヤソフィア」って、「ブルーモスク」のお向さんなんです。

なので、逆光だった「ブルーモスク」をしり目に
写真うつりも抜群(^^)
c0207322_935332.jpg


実はこの↑画像、前回掲載した逆光の「ブルーモスク」と
ほぼ同時に撮影したもの…

「ブルーモスク」の観光が終わって、次は「アヤソフィア」の観光へ…
って話じゃないんです(^^;

「ブルーモスク」へ向かう時に、

「こちらが アヤソフィア です 」

と、説明があっただけ…(^^;

「アヤソフィア」って言えば、
名前位は聞いた事があるほど、一応有名所じゃん!

なのに、ちょっと外側から眺めただけで終わりとは
これいかに??

でまぁ、これにはちょっとした「からくり」がありましてね(^^;

ここに限らず、HISさんから渡された日程表を見ると
周る観光地には二種類ある事がわかります。

(入場)ってのと、(下車)ってのの二つね。

お察しの通り、「入場」ってのは中にはいるんだけど
「下車」ってのは、バスの中から見るだけじゃなく
ちゃんと降りてみるんだけど、中には入らないよって事なんですね。

この「アヤソフィア」は、その知名度にそぐわず
「下車」観光…

「ブルーモスク」の入り口にて、外観を見るだけ(^^;

「それって片手落ちじゃねぇの?」

なんてちょっと思っちゃいません?
実際、実はこの時に同じチームの方とガイドさんが
若干もめているのが聞こえてきました。

「アヤソフィアにはいかねぇのか?」と…
「日程にはかいてあるじゃねぇか?」と…

もしかすると、「アンカラ特急」のトラブルの
ために飛ばされたと思ったのかもしれませんね。

でも、最初から「アヤソフィア」は(下車)マークが
ついてましたからね(^^;

ガイドさんもその様に説明しております。

しぶしぶ納得してはいたようですが、
見学すると思っていた所に行かないってのは
若干ショックですよね。

でも、大丈夫(^^)

翌日は、イスタンブール市内自由行動なんです。

アタクシ、最初から「アヤソフィア」、
自由行動のスケジュールに入っております。

しかも!
「アヤソフィア」は、自由行動で行って
逆に良かったかもって感じなんですね。

なので!

実際に「アヤソフィア」に行った話は、
後ほどって事で… (^^;

「序編」の続きはしばらく後になるって事よ♪

では、つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-08-13 09:05 | エクスプレストルコ