★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== このBlogはSeason1の続きです。 ==
== 【Season1】は ↓ こちら ==
≪ 世界遺産に魅せられて… Season1≫

==過去に書いた記事と、本日の更新情報 ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


「中編」の続きです…

    匠の技

これぞ、匠の技だね!

いやね、タオル一枚身体に巻いた状態で、
身体洗われたり、マッサージされたりってのを
複数の、しかも男女入り乱れる「ハマム」内で行われたら、
ちとやばいんじゃないの?って話だったジャン?

これがねぇ~ すごいんだけど、
三助さん(ほんとうにこの呼び方でいいのかぁ?(^^;)は
まるで、あの「おしぼりアート」の様に
そのバスタオルで、「パンツ」を作り上げてしまったのです!


これがまぁほんと芸術的な「デキ」なんだよね。

でも、これ… 最初からやってくれたらよかったのに… (--;
それと別に、もう一枚タオルくれたらよかったのに… (^^;

しかしここでちょいとしたトラブルが…

あのね… アタクシ… バスタオルを体に巻く時って

『グラタン! フォ~~~~ッ!(ごはんのホワイトソース)』

って記事で紹介している、「伊東家の食卓巻」をしているのよ(^^;

これが妙な所で、威力を発揮しちゃったのね。

しかも、「絶大なる威力」を…

この、「タオルアートパンツ」を作成すべく、
三助さんは、アタクシの体からタオルをはぎ取ろうとしたわけですが、

取れない…

取れない…

どうやって、とったらいいのか、わ・か・ら・な・い

んです(^^;

みるみる、三助さんが苛立ってくるのがわかります。

なんせ、三助さんとの距離、ゼロメートル… だもんね(^^;

アタクシも、手伝おうとしたんですが、
変に手を出すのも躊躇したので、タイミングを逸してしまいましてね。

ひじょぉ~~~~~~~~に、気まずい雰囲気に…(^^;

それでも、なんとかタオルをはぎ取って、アタクシを
スッポンポンにした三助さん…

手早く、上記の「タオルアートパンツ」を作成して、
いざ浴室へアタクシを誘(いざな)ったのでございます。

なんだか、なんの話だか分らなくなってきたね(^^;


前回説明した、中央に位置する「まな板」「台」に横たわり、
まずはマッサージから…

でもねぇ~ まぁこのマッサージ…
ほんと、オプション的なマッサージでしたね。

特に、アタクシの様に日本国内でマッサージ慣れしている人間に
とっては、ひじょぉ~~~~~に、物足りない感じ… (^^;

ま、でも、そんなもんだよね。 これは仕方ないか… (^^;

で、体を洗ってくれるのですが、凄いのよ。泡が…

「泡々天国」ですわ!

まさに… 「シャボンダマホリデー」 … みたいな? (^^;


♪ しゃぁぼんだぁまぁ ランラ、ランラ、ランララン … ♪
♪ しゃぁぼんだぁまぁ ルンル、ルンル、ルンルルン … ♪

ってなもんよ… (^^)

どっさりの泡々で洗ってくれました。

つってもねぇ、まぁ、ここまで、マッサージにしても、
泡々にしても、普通っちゃぁ普通…

別に、「ハマム」ならではの「新しい感動」ってな領域に
達するって感じじゃなかったんです(^^;

だけどね。

唯一、
「うわぁ~~~~、こりゃ気持ちいいなぁ~」


って、思ったのが、その泡々を洗い流すためにかけてくれるお湯…

寝そべった状態の所に、大きめの桶にたっぷりと汲んだお湯を、

ザッバァ~~~~ン…

ザッバァ~~~~ン…

ザッバァ~~~~ン…


と、なんの躊躇もためらいも、惜し気もなく、
大量に身体にかけてくれたのは、非常に新しい感覚… (^^)v

こりゃ、気持ちいいよ。

あんまり、この状態はないよね。 アタシャ、初体験… (^^)

家の風呂じゃもったいなくてできないし…
ってか、そもそも、寝そべる事が出来ないし… (^^;

銭湯や、温泉でもなかなかできないよね。
誰かお湯をかけてくれる人がいないとならないし、
それなりの湯量を確保できる「桶」がないとだめだし…

これは、ほんと気持よかったです。

ってかまぁ、実際それだけ… かな? (^^;

以上! コース価格は、7000円… (--;

ちと高い気もするが、ホテルでこのサービスだったら
こんなもんかねぇ~

なので! 「ハマム」体験したい方は、単に「ハマム」だけの
コースがいいかもね。

サウナも、プールも、泥パックも、マッサージも、別にいらんかったかも? (^^;

そりゃ、もちろん、お金に余裕がある方は、
その限りではありませんがねぇ~~~ (^^;

って事で、「ハマム」体験紀でございました。
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-30 09:39 | エクスプレストルコ


「前編」の続きです…


三助さんに言われたとおり、
シャワーをこなし…
サウナをこなし…

次の課題の「プール」をこなそうとはしたものの、
今手元にあるのは、バスタオルのみ…

結局どうやってプールに入ったのか??

これがさぁ~ 不思議なんだけど…





よく覚えてないんだわ! ウハハハ…

たしかねぇ、
タオル巻いたままま入ったんだと思うんだよねぇ…

嫌な思い出は、
割と記憶の彼方にしまいこむのが得意な体質の様です。 (^^)v

サウナだって、どれ位の時間入っていたらいいのかわからんし、
プールだってそんな状態なわけでしょ?

リラックスも何もあったもんじゃないよね(^^;

ただただ、心細さと「どうしたらいいんだろう??」って
思考のリピートディレイのみ…

そんなアタクシに…
プールから上がると、さらに追い打ちをかける一言を
浴びせかけてきました!!

「はい、じゃぁ、次は、泥パックやりまぁ~~~~~~~~す♪」

だってよ(--;

この、アタクシが、 「泥パック」って!














泥パックってぇ~~~~~~~~~~~ぇぇぇぇ!!!!


泥パックってぇ~~~~~~~~~~~ぇぇぇぇ!!!!


泥パックってぇ~~~~~~~~~~~ぇぇぇぇ!!!!




徐々に、泥の感覚が全体に広がっていく自分の顔…
しばらくすると、すこぉしひきつるようなパリパリ感…

なぜか、そこにいるみんなの笑い物になっている様な被害妄想…

きれいなプールサイドの、リゾート椅子に座っているとは
とてもじゃないけど思えない、居心地の悪さ…

「いったい、いつまで続くんだろう…」

妙に長く感じる時間の流れ…
メガ…いや、ギガ…いやいや、テラ級の「手持無沙汰」…


えぇへぇ~~~~~ん(T_T)
顔がかゆいよぉ~~~~~!!


時間を計っていたのか、
頃合いを見ていたのか…

ようやくかけられた言葉は、
「じゃ、シャワーの所の洗面台で洗って来て…」

泥を落としながら、顔を洗う水に…
アタクシの涙が混じっていた事は言うまでもないでしょう!
なんてね(^^;

そしてそして… ようやく、浴室へ… (^^;

でも、最初にも言ったとおり混浴なのね。
つったってまぁ、湯船につかるわけじゃなくて
それぞれ寝そべった状態で、洗ってもらったり…
マッサージしてもらったり… って事なんだけど…

中は、10畳くらいの広さかなぁ~
真中に大きな一段高くなった細長いベット状の台があって、
そこに寝そべって、マッサージ受けたりするのよ。

周りの壁部分もベンチみたいになっていて、
そこにも寝そべったり座ったりできる感じね。

でもさぁ~そういう構造でよ?
タオル巻いただけで、マッサージ受けたり、
身体洗われたりって、若干無理があるよね?

ちょっと体勢を変えるたびに、「丸見え」ですわ!

「世界まるみえおもいっきりテレビ」

みたいなタイトルになっちゃうじゃない?(^^;


またもやよ!

さぁ、どうするどうなる、kizz_army!!

って事じゃん? (^^;


って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-29 09:13 | エクスプレストルコ

カッパドキアの、なかなかの高級感が漂う

「洞窟ホテル ウチヒサール カヤ 」


到着してすぐに、希望者が募られたのが

「ハマム」というものの体験希望者 (^^)v

これぞ! このホテルのもうひとつの「夜」のお楽しみ…

なんですね。

いや、別に「夜」じゃなくてもいいんですが…
いや、別に「このホテル」じゃなくてもいいんですが…

当然他のホテルにもあるし、街にもあるんですね。

だけど、イスタンブールの街とかで、
ふらっと入ってみるのはさすがに勇気がいりますからね。

ホテル内だったら、若干の安心感はありますし(^^)
「ここのはお勧め」だそうで… (^^;

で、「ハマム」ってのは、トルコ独自の公衆浴場の事…

わかりやすく言うと「トルコ風呂」なんですが…

ま、違う意味に解釈される方はある一定以上の
年齢の方だと思いますので、
ここはかるぅ~くスルーさせて頂きます(^^; ウハハハ…

「秘宝館」に続いて、

「また何言ってるかわかんねぇよ!」

って方は、随時ネットで検索してください(^^;

で、「ハマム」がどんなものかってぇと、
浴槽がない、公衆浴場なのね。

蒸し風呂チックではあるものの、
スチームがじゃんじゃん噴出してるってわけでもない。

じゃなにが魅力かって言うと、
いわゆる「三助さん」が常駐しております。(^^;

マッサージしてくれて、体を洗ってくれて…

マッサージはオプションね。
だから、最初にコースを選ぶのさ…

ハマム体験だけか… マッサージも付けるか…

アタクシ、当然マッサージ付きね(^^)v

夕食も済んだ後、
予約した時間になりますってぇと
意気揚々と、地下にある「ハマム」に出かけたのですが…

アタクシ、しょっぱなから「大失態」を演じてしまいました。

「風呂は風呂だろ…」と何も持たず行ったのが間違い…

「水着着用」がベターだったんです(--;


昨晩泊まった、「温泉旅館 パムッカレ リッチモンドスパ」
温泉プールの為に用意した水着が、あった、に・も・か・か・わ・ら・ず

の、この失態(--;

だってさぁ~ 驚くなかれ… 「混浴」だったんですよぉ~ (^^)
ウヒャヒャヒャヒャ…

とは言え、当然水着を持っていない宿泊客だっておるわけで、
そこは手慣れたもの…

担当の三助さん…
タオルを渡してくれました
そして、
「まずはシャワーを浴びろ」と…
「でもって、次にサウナに入って、その次はプールじゃ!」と…

イヤイヤイヤ…(--;

シャワーはいいよね?

サウナもいいさ…

だけど、プールって…

このハマムの施設内にて、非常に目を引くのが、円形のこじゃれた
きれいなプールなわけよ!

まさか… バスタオル巻いて、このプールには入らないよね?

も、も、もしかして、スッポンポンで?

この間にも、次々と予約したお客さんが
入口からこちらに入ってきています。

え"ぇぇ~~~~!!

さぁ、どうするどうなる、kizz_army!!


しかしさぁ、言葉もろくに通じない状態で、
ぽつんとひとり、こんな状況に迷い込んだら、
そりゃ心細いよ…(T_T)

って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-28 08:48 | エクスプレストルコ

「メヴラーナ博物館」の街、コンヤから230Km…

毎度おなじみ
「いまどこ? がすぐわかるGoogleマップ 」
にて、位置を確認してください。


とうとう、あのカッパドキアのエリアに入ってきました。

つったって、もうすっかり夕方…(^^;


本格的なカッパドキア観光は翌日でして、
この日、後はホテルにて寝るだけでございます(^^)

で、そのホテルが出発前に一悶着(ってほどでもないけど(^^;)
あったあの「洞窟ホテル」なんですわ!
   参照記事 => 『 【エクスプレストルコ 8日間】申し込み編 』

あえて申し込んだだけあって、このホテル、
かなり楽しみだったんだよね(^^)

「ほとんどの人」と言っていい位の人数が、
このホテルアップグレードプランを申し込んでいたらしく、
先に到着した通常プランのホテルで降りたのは数人… (^^;

でもね、この通常プランでのホテル
「PERI TOWER(ペリ タワー)」
http://www.peritower.com/
って所も、見るからにおしゃれな感じのホテルだったんだよ。

ちょっとおしい気もしつつ <= (欲張)

到着したのが、
カッパドキア 洞窟ホテル 「ウチヒサール カヤ」
http://www.uchisarkayahotel.com/japan/

これがなかなかいいホテル! (^^)/ やったぁ~~

アップグレードにしてよかったよ♪

「洞窟ホテル」と言ってもね。
自然の洞窟を利用しているわけじゃないんだよ。
(そういう所もあるみたいだけど…)

地道に手作業でくりぬいて部屋が作られているんだよね。

その様子が、部屋に飾られている写真で垣間見られます。

c0207322_8444887.jpg


そうやって、できた部屋は ↓ こんな感じね。

c0207322_8453942.jpg

c0207322_846652.jpg

つまり!

ぶっちゃけ!

早い話が!

「洞窟ホテル」じゃなくて、「洞窟風ホテル」ってとこだね(^^;

とは言え、このホテル…
なかなか高級感漂うホテルでね。

部屋の前は、テラス風、デッキ風の中庭みたいになっていて、
ライトアップされたプールの青色が、なんともいい感じなのさ

c0207322_846443.jpg

というわけで、憧れの「洞窟ホテル」の部屋を堪能したならば!

続きましては、恒例の、食事… ね。 (^^)

c0207322_8471925.jpg

c0207322_8473936.jpg

巨大なホテルってわけではないので、
レストランもこじんまり。
その分、若干高級な感じ… (^^)


料理も美味かったです!
でも… 厳しい審査基準で言うなら、
「味」のみで言うなら、昨夜の
「ホテル パムッカレ リッチモンド スパ」
の方が僅差で勝ってたかも(^^;


さてさて、このホテル… もうひとつ「夜」のお楽しみが…
グフフフフ…

それは、「ハマム」ってヤツ…

それがなにかってぇのは、次回のお楽しみって事で… (^^)


追記:
丁度一年前… トルコ旅行から帰って来ました。

も・う・ま・る・ま・る・い・ち・ね・ん・た・つ・ん・だ・よ!!!

ビックリだわね。(^^;

どこかの記事のコメントにて
「よくおぼえてますねぇ?」
なんて言われてますが、やっぱりこのBlogの
おかげだと思います。

記事を書くたびに、どの写真を掲載するか検討したり、
その際に、後で書くだろう事の脳内復習をしたり。
そんな事が、通常より多くの情報を記憶から引き出してくれるのかな?
なんて思ってます。

このBlogのおかげで、ほんと世界遺産を訪れた事が
記録として残っているのでありがたいですよ(^^)

タージマハールでの出来事なんか、今だに時々
自分で読んで笑ってますからね。 (^^;;;;
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-16 08:49 | エクスプレストルコ

さて、実はこの日の長いバス旅行の最中、
衝撃的な出来事が待っておりました。

そこまで、大袈裟じゃない・ か・も… (^^;

覚えてますでしょうか?
「カッパドキア 気球オプショナルツアー」の事を…

忘れちゃった方は ↓ こちら
  『 【エクスプレストルコ 8日間】 気球OPツアー申し込む?編 』

さんざん悩んだ末に申し込んだあのオプショナルツアーです。

それがね、笑っちゃうんだけど…
「予約できなかった」って言うんだよね(^^;

あれだけ勧めておいて、いざ予約って事になったら
「どこも予約でいっぱいだった」んだってさ!

8人位追加の申し込みがあったんだけど、
とれたのは三人分… あれ一人分だったかな…(^^;

kizz_army… どうせまたブチギレたんでしょ?

って、声が聞こえてきそうですが… (^^;


「抽選」になったんだけど、辞退しました。(^^;


「勧めちゃった手前」ってがあって、
ガイドさんも相当尽力してくれてたしね。

それに!

そもそも、根本的な問題として、
「だったら、出発前にちゃんと申し込んでおけよ!」
って事なわけですから…

ストリートビューカメラの様に、
多角的な視点から検討してみても

「それならそれで仕方がない」

って事でさぁね(^^)

でも「抽選」ってのも変な話だと思いましたね。
この場合はどう考えても、
「先着順」が正しい解決方法じゃないかな?

ガイドさんの話を聞いて、「即決」した人と
いつまでもウダウダ考えていて、後から申し込んだ人が
同じ土俵に上がるのは、なんか納得のいかないところ…

あ、もちろん「アタクシが先に申し込んだんだから」って
事じゃありませんよ(^^;

だって、かなり悩んでましたからね。
申込みは最後だったかもしれません。(^^;

単純に、一番に申し込んだ人が、ちと可哀そうかなと思ったんで…

そんなこんなの、三日目のバス移動…

「メヴラーナ博物館」から、次の目的地である


「カッパドキア」

までは、230Km。 また、3時間ほどバスに乗ります。

その間、例の「強制お土産屋さん連行ツアー第二弾!」

「トルコ石鑑賞 & 販売 」

ってのに連れてかれました(^^)

そういう「専用」のお店だからね。
質もいいんだろうけど、値段もいいやね。

「鑑賞」の方だけは、たっぷりと楽しませて頂きました。 アハハ…

って事で、いよいよあの「カッパドキア」へ乗り込みます。


みなさん…
もし、「カッパドキア」へ行く事があったら…
そして、「気球オプショナルツアー」があったら…
更に、少しでも、「乗ってみようかな?」と思うなら…

早めに申し込みましょうね(^^;
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-09 09:33 | エクスプレストルコ


イスラム教の一派に「メヴラーナ教団」ってのがあるんですね。

メヴラーナってのは、人の名前なんだけど、この教団…

「旋舞」と呼ばれる、くるくる回りながら踊る独特のお祈りで有名…

クルックルまわるんだってさ、クルックル
観光客向けのショーもあるらしいんです。

かなりまわるらしいよ(^^;

で、「メヴラーナ博物館」ってのは、
その教団の創始者メヴラーナさんの霊廟を
博物館として公開してる場所なんです。


霊廟って位なんで、モノホンの棺が展示…っていったら変だけど
安置されているんです。

他にも、いろいろ見所があるんですが、
なんと言っても、有名なのが、
聖人「マホメット(ムハンマド)」の髭…

マホメットってのは、イスラム教を開いた人ね。
でねぇ、やっぱりこの宗教系の事は
多少なりとも勉強していった方がいいね。

仏教、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教…

「なにがどう違うの?」
位の知識があったら、ずいぶんとトルコあたりの旅行は
違ったものが見てくるんじゃないでしょうか?

って事で、こんな本がオススメ… (^^;
『 大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 』

そうそう…
「タージマハール」でもそうだったけど、
こういう施設に入るのに、土足は厳禁…

入口でゴム付きビニール袋が配られます。
でもって、靴に装着!!!

c0207322_9464927.jpg


あ…
建物の画像を見せなきゃね(^^)

c0207322_9472684.jpg

c0207322_948113.jpg

c0207322_9483212.jpg

緑の部分が鮮やかだよね。

中の展示物は、ほんと宗教色の濃いものが多いです。
アタクシなんぞには、イスラム教とあまりつながりがない
イメージのある「数珠」がいくつか展示されていてね。

999個の珠から出来てる巨大なものがあったりしました。

そして、前述の「マホメットの髭」ね。(^^)

「どんな風に、展示されてるんだろう??」

思いますでしょ?
本物だったらすげぇよね?

「キリストの髭」級のお宝と言ってもいい…

順路の奥の方… 更なる人だかりの一角…

ありましたありました! あれぞ、「マホメットの髭」…

近くによって見るとぉ~~~

「単なる箱」… でした。

その箱の中に入ってるんだとよ!(--;

なんじゃそれ!!

見間違いかと思ったよ!!

あぁ~~~~~~~~~~、期待して損した(--;

旅行の案内にもちゃんと書いてあるんだよ?

「マホメットの髭が展示されたメヴラーナ博物館」

ってさ…

もうさぁ、日本語は正しく使おうよ(^^;

「マホメットの髭が入っているかもしれない”箱”」

または
「マホメットの髭が入っている可能性のある”箱”」


「が、展示されている」

だよね? (^^;


♪ あっ、さぁて、あっ、さぁて、さてさてさてさて… ♪

♪ 箱の中身はなんじゃろな? ♪

ってかっ??

歌わすな! (^^;

まさに、「シュレディンガーの猫」状態じゃんか!
(って、違う? (^^;)
   参考記事 => 『【蟹】と【シュレーディンガーの猫】』


頼むよ! ほんとに…

って事で、箱を見てしゅうりょぉ~~~~~~~~~~~~~!! (^^)

これでいいのか? ほんとに…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-06 09:51 | エクスプレストルコ

三日目の朝の予定はこんな感じ…


5:30-起床
6:00-朝食
6:15-荷物をドアの外へ
7:10-ロビー集合
7:15-出発

でもって、どこへ向かうかと言うと

「コンヤ」という街を目指します。

日中には着くんだけど、「コンヤ」って言うんだよね(^^)v

「コンヤ」の街までは、約410Km
5時間半のバスの旅です。 (--;

ご、ご、ご、五時間って!!!! (--;

って事でいつものように、位置関係の確認をしていただきましょう!

いまどこ? がすぐわかるGoogleマップ

時間はたっぷりありますからね。
ガイドのエイレンさんが、いろんな話を聞かせてくれました。


まずは、トルコって国についてのいろんな話…

トルコはでかいですからね。
地方によって、かなり気候とかも違う。

いくつかの地方に別れるんだとか…

・黒海地方
・マルマラ海地方
・エーゲ海地方
・地中海地方
・中アナトリア地方
・東アナトリア地方
・南アナトリア地方

でね、東アナトリアには、「アララト山」っていう、
5000m級の山があるんだけど…

ここ… 人工衛星の画像で「ノアの方舟」が写っている。
って事で、有名になった山なんだよね。

最近は、レプリカまで作られているとか…


そして、「サンタクロースの出身地」の話… (^^;

サンタクロースの出身地は、トルコだったんですよ。
アンタルヤ県って所の生まれなんだそうな…

知ってましたぁ?


更には定番!!

「トルコは親日家が多い」って話ね。

トルコの軍艦が、和歌山県の串本沖で遭難。
住民たちが、乗組員を助けたって言う有名な話、知ってるでしょ?

更には、山田虎次郎って方が、遺族の為に寄付を募り
イスタンブールまで義捐金(ぎえんきん)を持って行ったんだそうな。

って事で、トルコと日本は仲良しなんですな(^^)


そんな話を聞きながらの旅…

最初のドライブインで食べたのがこれ(^^)

c0207322_9115413.jpg
「あ! 写真!」
と思った時は、既に食べ始めていました (^^;
トルコは、「ヨーグルト発祥の地」でもあります。
皿に盛ったヨーグルトに、ハチミツとケシの実…
これはうまかった! すっげぇ~美味かったよん♪



そして、コンヤの街に入ってから昼食となりまして…
この時点ですでに、13:30頃…

そら、腹も減りますわな!(--;

日程表によりますと、この日の昼食は

「トルコ風ピザ」

若干の期待の末に出てて来たのが…

まずは、スープとなんの味付けもないサラダ…(^^;
c0207322_9122773.jpg

でもって、メインの「トルコ風ピザ」
c0207322_915746.jpg


「へぇ~~ これが トルコ風ピザね」
「どれどれぇ~ … 」

って事で、一口、二口…

むむ? あれれ? なんかの味に似てるぞ!

なんかの味に似てる!!

あ! あれだ、まさに、あれよ、そっくりの味…

30年位前に、よくパブとかスナックで出てきた
冷凍ピザの味にそっくり!!

最近の冷凍食品なんて、普通においしいからね。
そうなる前の、あの冷凍ピザの味… わかるぅ?(^^;

前日に引き続き…

「ま、昼飯はこんなもんだろ…」

って事で… (^^;



そして、14:00過ぎごろ…
出発から7時間経ってますわ(^^;

「メヴラーナ博物館」ってな所に到着となります。

つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2009-10-02 09:15 | エクスプレストルコ