★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== このBlogはSeason1の続きです。 ==
== 【Season1】は ↓ こちら ==
≪ 世界遺産に魅せられて… Season1≫

==過去に書いた記事と、本日の更新情報 ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



  ※※ ♪好きよイスタンブール どうせフェアリー・テール♪ ※※

今日は、2010年 10月 15日

ちょうど二年前の今日、
2008年 10月 15日
に、トルコの旅行から帰ってきました。

ジャスト2年よ? (^^;

ったく、大河ドラマだって1年で終わるちゅうのに、
2年もかかって、いったい誰が読むんだっちゅうの?
って感じじゃん?

この記事と「予告編」も含めますと、
全部で82本の記事を書きました。
(これをわざわざ数えるところがまた、
アタクシの粘着性気質を物語っているよね。ウハハハ…)

奇跡的に全部読んだ人がいたら、
ほんとうに、感謝します。 ありがとう!

ギネスブックものだね。(^^;


ご存知、庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」
1978年に発売されました。

32年も前だ! 恐ろしい (--;

歌詞にある「ジタンの空箱」

「ジタンってなんだよ!」
とは思いながらも、そのエキゾチックな旋律と歌詞に
いまでも、得も言われぬ不思議な感覚を覚える曲ですわ!

でも…

まさか…

自分が、あの曲の中にある「イスタンブール」に行くとはね!

あぁ~~~… なんという、ラッキーさ加減!!

しかも、旅行に行けただけでなく、
今や、デジカメはあるわ!
こうやって、Blogに書くことはできるわ!
ほんとうに、いい時代に生きています。 感謝しますよ!

そうそう!
天気にも恵まれたんだ!
秋口だったのに、寒さの心配があった
「カッパドキア」でさえ、ちょっと汗ばむ位…
雨具を使うことは、とうとう一度もありませんでした。


いつも言ってるけど、
「やりたい」
「みたい」
「いきたい」

って事は、無理してでもやってみるもんですね。

これって、単純に「夢がかなう」って事なんですよ。
ほんと「一歩踏み出すか否かの違い」だけだと思います。

さて、話を元に戻したいところですが、
「ムール貝のドルマ」を食べた所までは覚えているのですが、
正直、その後、
・ホテルでの集合
・バスで空港へ
・またまた、「ウズベキスタンータシケント経由」による帰国

等々の、イベントは、ほとんど思い出すことができません(^^;

「ムール貝のドルマ」にて、
自分の中での「エクスプレストルコ」は終わっていたんでしょうね。

って事で総括!

「イスタンブール」だけでも、
単純にもう一度行ってみたいかも…って思う。

トルコ国内の移動だけで、2000km位あると思うのよ
でも、今はあまりにも有名な「世界遺産」の数々を
一気にみられる事のメリットを考えると、全然って言っていい位
問題じゃないね(^^;

もちろん、移動時間の過ごし方等は考える必要があるよね。
「あぁ、いやだいやだ」
って思っていたら、そりゃもう全体的につまんなくなっちゃうからね。

ほんとうに、心から「いい体験ができた」と思っています。

完全に、「世界遺産めぐり中毒」に近いよね(^^;

でも、たぶん…
ここ数年続いた「世界遺産めぐり」もしばらくお休みになりそうです。

最終目的地の「エジプト」にはいついけることになるのかな?(^^;

そして、また、このBlogにて報告する事ができるのでしょうか?

毎度おなじみの「乞うご期待」ってやつですな! (^^)


って事で、「エクスプレストルコ 8日間」全巻のおしまい!

ほんとうに、ありがとう!



あぁ、そうそう…最後に一つ…
トルコは「パン」がうまいわ!
とにかく、どこに行っても、どのホテルでも「パン」がうまかった!

それに引き換え、例のお土産に買った
クノールの現地版スープ…

イマイチだったわ!

かなりお土産で配っちゃったんだけど、
ちょっと失敗だったかも… うははは…




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-10-15 08:18 | エクスプレストルコ





  ※※ 海外旅行の自由行動では、時計は二つ持とう! ※※


「インスティクラール通り」にある時計は、
完全に集合時間を過ぎてますがな!

旅の途中ならまだしも、この後はわが祖国「NIPPON」
帰るための「飛行機の出発時間」ってのに縛られてる状態ですからね。

集合時間に遅れるなんてのは、言語道断なわけです。

携帯電話の時計で確認したのかなぁ?
とにかく、情報を総動員した結果、
通りにある、あの大きな時計が間違っているんだという
結論に達しました。

しかし、あせったよ。まじで…

ある意味、有名な観光地のでかい時計を
一時間も狂ったままにしとくかね、しかし… (^^;

あれだね。海外旅行は、時計二つ持っていた方がいいね。
これは、今後の教訓になりました。

さて、そんなイベントもからめつつ(^^;
「インスティクラール通り」を進んだわけですが、

前夜、夕飯をたべた、あのファストフードお店の角を曲がれば、
c0207322_8373388.jpg

もうすぐにホテルに着いちゃいます。


「ムール貝のドルマ」、幻と消えそうです。

で、上記の角をまがって、次の大通りにでれば
そこはホテルって所で、路地の奥に目をやると
なんか食品店みたいなのが固まってるのが見える。

でも不思議なんだよなぁ=
ここって、ゆうべも通っているはず…

路地の向こうに見える景色には、全然気がつかなかったぞ(^^;

って事で、、更に最後の望み!

路地を曲がって、突き進みます。

って、すぐそこに発見!

イメージした通りに、ちょっとしたバーみたいな
お店の店先のワゴンにどっさりと
「ムール貝のドルマ」が並んでおりますがな!

はやる気持ちを抑えつつ、口に放り込みます。

うめぇ! もう一個! (^^)

一個、100円位だったかなぁ=

何個でもいけそうだったけど、
2個で我慢しました(^^)

でも、こういうのってほんと不思議…
こんな所があったなんて、全然目に入らなかった。

しかも!

あとで調べると、この場所は

「魚市場」

って言うらしい… そりゃあるわ! そりゃあるよね(^^;


「地球の歩き方」君の「インスティクラール通り」の解説の所に
かなりでかく「魚市場」って書いてある。

きっと、別の「市場」のイメージが最初にあって、
そこからはもう、そこの場所は目に入らなくなってたんだね。

なんか、テレビの旅番組みたいじゃない?(^^;

最後の最後、探し求めていたものに出会えるなんてさぁ…

「探検番組」だと、結局最後になっても
出会えないパターンの方が多いからね。


最後の最後、っていうか、ほんとに
最後の最後の最後の最後の最後だからね(^^)


予定していた観光スポットを全制覇し、
しかもどこへ行っても、感動と驚きの連続、
更には、「食べたい」と思っていたものも制覇…

丸々一日歩き回って、ほんとうは結構ヘトヘトのはずだけど、
この満足度の高さは、なんだか自慢したくなる位のもんよ!
ほんとに… (^^)

ってことで、ここからホテルはほんと目と鼻の先…

ホテルにたどり着けば、もう後は帰るだけになっちゃうんだよね。

って事で、いよいよこの旅も大詰めです。


では最後の

『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』


左側、アイコンエリアの
「ムール貝のドルマ」
をクリック!!




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-10-13 08:08 | エクスプレストルコ




  ※※ で、ムール貝はわかるけど、「ドルマ」ってなに? ※※

って事で、『 ガラタ橋 前編 』 まで戻っていただきましょうか?

「ムール貝のドルマ」が何者かってのは、もうそこに書いてあるからいいやね(^^;


正直、「サバサンド」より、こっちの方を食べてみたかったさ…

だって、貝類好きだもん!
ムール貝好きじゃん? (^^; (「そんなんしらねぇ!」って?)

ピラフも好きじゃん? (^^; (「そんなんしるか!」って?)

で、そのまま貝殻のなかに、
ムール貝の身とピラフが詰まってるなんて、
もろにアタシ好みじゃん!

更に、店先で売ってるってのも、なんかいいよね。

だけど…

今日一日イスタンブールを歩いても、
それに出会うことはなかったんだよね。 (T_T)

もちろん、トルコ料理の店に入れば普通にメニューとして
あるんだろうけど、それは求めてないんだよ!(^^;

店先のワゴンみたいなで売ってるのを買って、
買い食いしたいんだよ!

だから、朝からガラタ橋あたりもリサーチしたのに…


一縷の望みは、最後の「インスティクラール通り」…

「サバサンド」を堪能した後は、もうぼちぼちと
ホテルへ戻らないとならない時間なわけですよ!

朝来た道のりを、逆にたどります。


「ガラタ橋」
  ↓
「世界最短地下鉄テュネル」
  ↓
「インスティクラール通り」
  ↓
「ホテル ユーロプラザ」

すでに、17:00になんなんとしてますからね。
あんまりギリギリにホテルに着かないようってのを
考えると「ムール貝のドルマ」探しも、
ほどほどにしなきゃなりません。

下手に路地にでも迷いこんだらやばいっすからね(^^;

さらに、前夜に一度探索してるわけですから、
「期待薄」と言わざるを得ないんですね。

「世界最短地下鉄テュネル」を降りて、
「インスティクラール通り」のゆるやかな坂を
上がっていきます。

すると途中にこんなものが…
c0207322_7373857.jpg



すごいね。日本の楽器屋と全然変わらない… (^^)
「Ibanez」のオールミラー仕上げ!

でも、「インスティクラール通り」に面しているお店は
やっぱりブティックとかが多いんだよね。


と、通りにある、大きな時計にふと目をやると、
18:00を過ぎてる…

え”ぇ=======!!

まじまじ? それはだめだよ!

集合時間、18:00だもん!

冷たいものが流れる背中… (^^;

凍りつくよね?

でも、手持ちの時計はずっと確認してきましたからね。
とはいえ、今回海外旅行用にかったやっすいデジタル時計
くるっていないとも限らない…

パニック寸前!


って事で、つづく… です。




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-10-13 07:40 | エクスプレストルコ




  ※※ よりによって、「鯖」のサンドイッチって! **



いつも言ってるけど、異国を訪れたら
やっぱり、「ならではのもの」が食べたいよね?

そういう目線でガイドブックを見ると、
特に気になるのが

「サバサンド」

なるもの…

「イスタンブール名物」
らしい…


名物って言っても、なんか観光客相手のみに
存在する”いかにも”な感じではなく、
非常に一般的な食べ物らしい…

でもさぁ、サバだよ? 鯖!

鯖のサンドイッチって、どう考えても
鯖の味そのものと、パンの味そのもの、
それだけって気がしない? (^^;

そこになんらかの
「融合的味の劇的進化」
が存在するとはどうも思えなかったんだよね。


だからね。
どうしても食べてみたいってわけじゃなかったの…(^^;

昼飯は昼飯で食べて、歩きまわった末に、
小腹がすいたら、おやつ代わりに食べてみようかなって
程度のものだったんです。

ここまで、この「トルコ旅行記」をお読みの方は
なんとなくお分かりかと思いますが、
「グランドバザール」で、昼飯にくいっぱぐれてから
そのまんま、食事らしい食事はしてないんですね(^^;


出てきたのは、
「トルココーヒー」と「トルコアイス」
だけだったでしょ?

そして、「国立考古学博物館」が最後の観光場所でしたからね。
後はホテルに帰るだけ…

とにかく、ひたすらイスタンブール観光に没頭していたわけです。

このまま何も食べなきゃ、帰りの飛行機の機内食まで、
「プチ断食」状態になってしまいます。 (--;

でまぁ、これ幸いとばかりに、朝、新市街から渡ってきた
ガラタ橋の袂でみた、サバサンドの露店にて、
「サバサンド体験」をしてみようって事になったわけです。(^^)

「ガラタ橋」の話の時にも書いたけど、
この巨大な橋のたもとには、たくさんの露店が出てまして、
「サバサンド」のお店もたくさんあります。

ちょっと見だけでも、結構違うんだよね。
そんな中、あっちの店では入ってないトマトが
こっちに店では入っているので、その店で食べてみる事にしました。

日本の焼きそばの露店みたいなでかい鉄板で、
3枚におろされたサバが焼かれています。

それをへらですくって、切れ目の入ったバケットに
どんどんとはさんでいくんだよね。

露店の周りには…
よくあるじゃん?
ビールのケースに板を載せたテーブルと
ビールのケースを椅子代わりにする、
簡易客席みたいなのが…(^^;


そんな感じの所に陣取って、紙に包まれたサバサンドをほおばるわけよ!

これぞ、ファストフードって感じよね。

噂の「サバサンド」はこんな感じね。
c0207322_9345219.jpg



で、簡易テーブルには、こんなのが置いてあるの
c0207322_9345534.jpg



どうみても、「ママレモン」かと思うよね(^^)

これが、「ポッカレモン」のでかい版みたいなやつでね。
このレモン汁をたっぷりかけて食べるのが、
「デフォルト」みたいなんだわ!


ほんと「かぶりつく」って表現そのまんまに一口食べてみます。

二口…

三口…


うまいっ!!

なにこれ!

ただ鯖をを挟んだだけなのに、なぜか異常にうまい!

「腹が減っていたから?」

いやいやそれだけじゃないよ。

バケットへの鯖の脂の染み具合とかがいいのかもね。

最初は結構バカにしてたくらいだからね(^^;
それを申し訳なく思う位に、うまかった!

まじで、これはうまいよ!

イスタンブールに行ったら、
これ食わずして語るな! 位なもんよ。

300円位だったかなぁ~

大満足の、アタクシでございました。 (^^);



このあたりの道のりは

『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』

にて確認してください。

左のアイコンエリアの「サバサンド」をクリックね。


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-10-12 09:38 | エクスプレストルコ




 ※※ 遺跡から発掘されたお宝の数々が、なんと写真取り放題!※※


『 アヤソフィア大聖堂 』から、歩いて30分位ですね。

途中ちょっと行きすぎちゃって、戻ったんだけど(^^;
それを考えると、30分もかからんか…
地図見ても、かなり近いし…

ちょうど、時刻は15:00位…

たどり着いたのが、

「国立考古博物館」

って所…

ほんじゃま、今日は最初に場所の確認をしていただきましょうかね(^^;


『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』


左側のアイコンエリアから、
「国立考古博物館」
をクリックしてから、拡大表示してみてちょ!

前回の位置確認あたりから、お気づきかと思いますが、

・「アヤソフィア大聖堂」
・「トプカプ宮殿」
・「ブルー・モスク」
・「地下宮殿」

そして、この「国立考古学博物館」と、
完全に徒歩圏内なんですわ!

さらに、前日に行った「陶器屋」も、
「すぐそこ」って感じの所にあるんです。

で、ここも同じ敷地内に3つの建物があって、
メインの「考古学博物館」のほかにも

「古代東方博物館」
「装飾タイル博物館」

ってのがあるのよ、

「全部まわっとき!」 (^^;

せっかくだからね。

さて、まずは、メインの「考古学博物館」から…
つっても、ここも、「新館」と「旧館」があるんだよ。

で、新館側の入り口からはいって、
まず、最初にびっくりしたのが

「写真撮り放題」

だってこと…

いいじゃない! サービスいいじゃないのよ! (^^)

って事で、ここからは「考古学博物館写真展」ね(^^)v


【カデシュ条約 の粘土板】

c0207322_10311641.jpg

古代エジプトとヒッタイトの間での
「デカシュの戦い」の後に、っていうか終戦のために交わされた、
世界最古の講和条約なんだってさ!

ふたつの言語でつくられたらしいよ。




【オケアヌス像】

c0207322_10315934.jpg

ギリシャ神話の海の神
ポセイドンとなにがちゃうの?

ってことで、調べてみると
「ポセイドン」の叔父さんってな記述もあったんだけど、詳細は不明…

あの「エフェス」で発見されたんだってさ!



【ティケ像】

c0207322_10321938.jpg

幸福の神だそうです。
幸福を擬人化したのがこの姿らしいんだけど、
「幸福」を「擬人化」ってすごくね? (^^;
手に持っている、フルーツの所に、彩色が少し残っているのね。
これが、フルカラーだったと思うとなんかすごいよね。




【アレキサンダー大王の立像】

c0207322_103250100.jpg

有名どころが出てきたね。

「アレキサンダー大王」の像ともなれば、
そりゃまぁ、いっぱいあるんでしょうが、
その数ある中でも状態が良い像だそうです。



【リキアの石棺】

c0207322_10331996.jpg

リキアってのは 時代の名前みたい。
脇には、「ケンタウロス」の彫刻がみえますね。



【アレキサンダー大王の石棺】

c0207322_10334077.jpg

c0207322_1034671.jpg


アレキサンダー大王の棺かと思うじゃん!

ってか、そう書いてあるし…(--;

でも、ほんとにそうかはわかんないんだってさ! (^^;
まわりの装飾等から

「…じぇねぇの?」

って事らしいけど、それってあり? (^^;



【嘆き悲しむ女たちの石棺】

c0207322_10344017.jpg

ほんとうに、モテモテだったのか?
単なる希望なのか?

棺のまわりで、おねぇちゃんたちがたくさん
嘆き悲しんでいるという棺…




って事で、いかがだったでしょうか?

とにかく、彫刻系の展示物が盛りだくさん!
でもって、広い!
c0207322_10353923.jpg


見ごたえありますよ。


この時点での時刻: 16:00ちょっと前くらいでございます。
ちなみに、集合時間は 18:00です。


※参考文献:「地球の歩き方 トルコ編」 「Wikipedia]



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-10-04 10:37 | エクスプレストルコ




  ※※ アヤソフィア大聖堂… モザイク画の素晴らしさに驚愕せよ ※※

さて、ちょっと前の話題になってしまいましたが、

『 アヤソフィア大聖堂 ≪序章≫ 』


の続きです。

「アヤソフィア 大聖堂」ですが、現在は博物館として公開されているので、

「アヤソフィア博物館」の方が正式名称のようです(^^;

でまぁ、≪序章≫でも使った画像をもう一度使いますが、

c0207322_935332.jpg


外観は要するに「モスク(ジャーミー)」なんですわ!

内部も、「モスク」そのものです。

ドームの直径は31mと、ブルー・モスクより更に大きめ

内部の全体的な雰囲気を撮影しようとしても、
普通のデジカメじゃちょっと無理な感じ(^^;

でも今思うと、もっと写真とっておけばよかったな… と…

お馴染み、「地球の歩き方君」によりますと、
ここには、すばらしい「モザイク画」があるとの事。

なので、入口をはいるとすぐに展示エリアとなっている
2階へと階段を上っていきます。

だけど、なんか様子が変(--;


階段を上がる前から、
なんか「写真展」の告知の様なものが目に付くんだよね。

で、2階にあがると、その有名な「モザイク画」の写真展
みたいなのをやってるわけよ?

「え? 本物がみられるってわけじゃないわけ?」

って、思うじゃん!

もしかして、あまりにも貴重なもので今は写真でのみ
展示って事になってるのかな?

もしくは、またもやの「修復中」…

とかね…


なので、「なぁ~~~~んだ…」って感じで、
1階に降りて見学しようと思ったんですが…

2階から見るドーム天井とかさぁ~
1階を見下ろす感じとかさぁ~

それはそれで、すごいわけ! (^^)
なので、せっかくなので、2階部分も一周してみましょう!

で、上がってきた階段とは反対側のエリアまで行きますと…

c0207322_937240.jpg


なんだよ! ちゃんとあるじゃん!
ま、自分が勝手に思い込んでしまっただけなのですがね… (^^;;;;

よかったよぉ~ こっちの側まで来てみる決断をして… (^^;

しかも、「ちゃんとあるじゃん!」ってだけのレベルじゃなわけよ

まぁ~~~~、すばらしいんだわ! このモザイクがが…

c0207322_9375685.jpg

c0207322_9382664.jpg



写真だと、やっぱりアップにしても、
それが放つオーラっちゅうかエネルギーみたいなもんが
伝わってこないよね。


キリストをメインにした、モザイク画がいくつもあり
そのどれもがすばらしいんです。

c0207322_9385560.jpg



ここで 「?」って思った方はすごい!

そう! ここトルコは思いっきり「イスラム圏」でしたよね。

だからこそ、このトルコの旅行でも、頻繁に
「ムハンマド」って名前が出てきたり、
「コーラン」が大音響で流れたり…

でもねぇ、紆余曲折の歴史ってのがあるんですね。

この「アヤソフィア」はもともと
「ギリシャ正教」の「教会」として建てられたんだってさ。

それがイスラムのモスクとなるにあたり、
上記の素晴らしいモザイク画も、
漆喰で壁に塗りこめられてたんだって!

壁の中にこんなすごいのが眠ってたってのが
発見されたのは20世紀になってからだっていうから
驚きじゃん!?

アタクシ、宗教って他の宗教を認めない所がいやなんですよね。

さて、それは置いておいて…

c0207322_940144.jpg


この「アヤソフィア博物館」は建物にあるすべてのものが
なんだかためいきもののお宝って感じなんですが、
こんな見所もあるよってのをひとつ…

「聖母マリアの手形」

ってのがあるんです。

c0207322_9402527.jpg



すでに、どこが手形なのかわかりませんが(^^;
このくぼみに指を入れて、水にに濡れると

・視力がよくなる
・子宝に恵まれる
・願いがかなう

ってな事を言われているらしい…

単なる雨漏りじゃねぇの? (^^;
前日に雨が降った場合は、視力がよくなるやつ続出!
みたいな?

真中に親指を入れて、
ぐるっと回せたら、願いがかなうって話もあるらしい…

c0207322_9404234.jpg



単に、手首周りがやわらかいかどうかじゃねぇの? (^^;


って事で、「アヤソフィア博物館」おススメです。

団体見学で、さらっと見るだけじゃなくてよかったよ。 いやほんとに…


この時点での時刻:14:30頃


このあたりの道のりは

『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』

にて確認してください。
左のアイコンエリアの

「アヤソフィア大聖堂」

をクリックね。

ついでに、前日団体見学をした

・「ブルー・モスク」
・「トプカプ宮殿」

との位置関係も確認してみてくださいね。




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-09-29 09:42 | エクスプレストルコ



  ※※ 「メデューサ」と「ゴーゴン」「地下宮殿」にいるのはどっち? ※※

元ネタは、ギリシャ神話…

だけど、ある意味西洋妖怪の代表格的な存在でもある
「メデューサ」と「ゴーゴン」

そもそも、この二人(?)の違い知ってます?

「ゴーゴン」がかあちゃんね、
「メデューサ」が娘…

で、二人とも頭が蛇で、その姿-目って話も聞くよね-を見ると
石になっちまうって話ね。

でも、この二人の能力の違いを詳しく調べようとすると、
なんだかよくわからんのさ… (^^;
「メデューサ」には、ねぇちゃんと妹がいるらしいんだけど、
この二人は、別に髪の毛が蛇だったりってな話は聞かないんだよねぇ

「ゴーゴン」一族は、全員見た人を石にしちゃうって言う能力がある
ってな話もあって、ほんとようわからん…

でね、この「地下宮殿」にいるのは、「メデューサ」の方らしいんだけど、
「なぜそれがわかるのか?」は、????なんだわ! (^^;

これを踏まえて、「地下宮殿」の探検のお話…


入口から、徐々に降りて行ってみると、
目の前に広がるのが、これ ↓

c0207322_10191664.jpg


いきなりのこれよ…

どうよ? この幻想的な感じ…
下の方には水が溜まっていて、いい具合に光を反射するんだわ。

で、そのたまった水の中を覗き込むと…

c0207322_10194990.jpg


魚が泳いでいる…


古代魚か!!!

  参照 => 『怪魚 ウモッカ』


数万年の時を、地下で暮らすことにより、
目が退化してしまった。なんて、魚の類?

前回も書きましたが、「地下宮殿」と呼ばれてはいるものの、
実はここは、単なる「貯水池」。

縦140m 横70m 高さ8m

って言う、巨大な地下の空間には、あの

「ヴァレンス水道橋」を通って運ばれる水をためていたんだってさ!
  参考 => 『ヴァレンス水道橋』
でもって、
「トプカプ宮殿」に暮らす「スルタン」がこの水を使っていたんだってさ。
(スルタンってのは、王様みたいなもんね)
  参考 => 『 トプカプ宮殿 』

最下層までおりますと、見学用の通路が、
水面よりちょっと高い所を、まっすぐと奥に向かって伸びております。

これを使って、ずぅ~~~と、奥まで探検するのね。

c0207322_10211629.jpg


で、最深部にたどり着くと、アタクシを待っているのが、
これ…

c0207322_10224913.jpg



例の、メデューサちゃんね。(^^)

普通向きと、横向きがあるのよ。

c0207322_10233268.jpg



途中の柱とかもさぁ~
こんな模様のヤツがあったりして、

c0207322_10235545.jpg



すぐに、水没させてしまうのにこの凝り具合…

芸術的なこだわりっちゅうか、
「まぁ、ようやるわ!」っちゅうか… (^^;

が!

ネットで調べてみると、これ…
別にこだわったわけでも、なにかの意味があるわけでもなく
単に廃材を寄せ集めてきて作ったから、「メデューサ」も含めて
いろんなデザインの柱があるんだってさ!

え? そなの? (・・?


夢…


ぶちこわし!


(--;


とはいえ、まぁ、よくこんなもん作るよね?
一体、どうやって天井を支えているんだろうねぇ?

地下にこれだけ巨大な空間作ったら、
上は普通の地面なわけだから、すぐに崩れそうな気がするんだけど…

「え? だから柱があるんじゃないか?」って?

いや、でもさぁ、今みたいにコンクリートで固められるなら
いざしらず、そうじゃないんだからさぁ、
この柱が、上でなにを支えてるのかさえ、なんかよくわからんじゃん?(^^;

だれか、教えてちょ…



あぁ、そうそう…
ここにいる魚たち…
あとで聞いたら、「古代魚」でもなんでもなく、
観光用に入れただけみたいよ(^^;

てなわけで、ここもまったく期待を裏切らない、
大満足の観光スポットですね(^^)/


この時点での時刻は:13:30位 です。



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-09-27 10:26 | エクスプレストルコ




  ※※ 「地下宮殿」…その響きだけで、卒倒を誘う… ※※

「カッパドキア」

「洞窟都市」

  参考 => 『 「カッパドキア」洞窟都市[カイマルク] 後編 』
ってのも、かなり響きだけで精神に異常をきたしそうなくらい
ワクワク、ドキドキな感じですが…

さらにその上を行く感じがしませんか?

「謎の地下宮殿」… ってやつは!

完全に、「インディ・ジョーンズ」の世界じゃん!

いつのまにか「謎の…」が付いてるのは、まぁ気にせんといて(^^;

この「地下宮殿」もテレビで見ました。(^^)

まあ、不思議な所があるもんです。

まさに「宮殿」と呼ぶにふさわしい柱の装飾…等々…

ビジュアル的にも、ぜひ見てみたい!

なのに、実は単なる「貯水池」だという話…

これだけの装飾を施しておきながら、
最終的な目的は、「水没」… (^^;


なぜ?

なんで?


どうして?



昔の人はなにを考えていたんでしょ?

その不思議さと相まって、

「みたい!」
「めっちゃみたい!!」

って、よくよく考えてみると、
この「トルコの旅」って、実は「見たいところだらけ」で
なおかつ、その「見たいところ」を結構フルコースで見て回っている。

あぁ… ほんとアタシってラッキーね(^^)


って事で、「グランド・バザール」を出て向かうのは、
その「地下宮殿」…

でも、この時点での時刻は、すでに12:30を回っている位なんだよね。

実は「グランド・バザール」を徘徊している時に、
あわよくば「昼飯」にありつこうと、
いろいろと物色していたのですが、
こういう時って、アタクシのお眼鏡にかなう店って
なかなかないんだよね(^^;

なんでかってぇと、「… ならでは」のモノが食べたいじゃん?

かつ!

この日はスケジュールがびっちり!
ゆったりとランチを味わうってな余裕もない…

そりゃ、そんなうまい具合に店は見つからないよね。

なので、「ぐぅぐぅ」のまま、
「グランド・バザール」から「地下宮殿」に向かったのですが、
いかんせ、朝から移動しっぱなし…

ちょっと休憩もかねて、お茶でもしますか!

って事で、入ったのが「MADO」ってお店…
チェーンのお店でね。わりとあっちこっちにあるみたい。

そして、ここには、「…ならでは」があるんだよ!

「トルコ・アイス」と「トルコ・コーヒー」

「トルコ・アイス」は「カッパドキア」で体験済だけど
  参考 => 『 「カッパドキア」トルコ絨毯編 Part1 』

「トルコ・コーヒー」はまだだからね。

「トルコ・コーヒー」の特徴は、
「挽いたコーヒー豆」をそのまま煮出しちゃうって事。

フィルターとか使わないって事やね。

当然、出されたカップにも底の方に、
豆が沈んでることになるわね。

っちゅう事は上澄みを飲むことになるよね。

このワイルドな感じのトルコ・コーヒーですが、
普通に飲めましたよ(^^)

c0207322_11114579.jpg



って事で、一休みしたところで、

「地下宮殿」探検

に出発です。


この時点での時刻は:13:00過ぎ位

このあたりの道のりは

『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』

にて確認してください。

左のアイコンエリアの
・「グランド・バザール ~ 地下宮殿 」
・「cafe MADO 」
・「地下宮殿 」
をクリックね。
[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-09-24 11:13 | エクスプレストルコ


  ※※ステージ衣装といえば、まぁ、それだよね!!※※


前編の続きです。

前編でも書いたけど、なにしろ驚かされるのがその規模…

「地球の歩きかたくん」には
「4400店舗以上ともいわれ」って書き方がされてるわけよ。

「ともいわれ」って…
もうなんだか、伝説の域に近い扱いじゃん?(^^;

数字で書いちゃうのは簡単だけど、
よくよく考えてみ? 店が4000店舗って
規模が想像できます? (^^;

たとえば!

「日本最大」と言われている、アウトレットモール

『御殿場 プレミアムアウトレット』

は、店舗数が210…

210よ!

しかもグランド・バザールは、ほとんどの店舗が
「屋内」にあるからね。

どう? すこしは、その規模のすごさが
お分かりいただけましたでしょうか?

さらに、同じような商品を扱う店は割と密集してるわけよ。
すると、同じような品ぞろえの同じような店がずらぁ~~~~っと…

これで商売になるのかと、ちょと心配になったりね(^^;

はやいはなし、観光でふらっと立ち寄って
ここを制覇しようなんてのは、どだい無理な話…

別に、最初から制覇しようと思っていたわけじゃないから、
無理でも構わないんだけどさ…

とにかく、その雰囲気を味わえば十分ですよ。

面白いのは、貴金属系のアクセサリーショップとかかなぁ~
いかにも、「っぽい感じ」が味わえます(^^)

あ、そうそう、一応かなりの「イマイチ感」だけど、
内部の様子を撮影した画像もありますので、一応…
c0207322_1031881.jpg



さて、実はあわよくば購入しようと思っていたものがあります。
それは、

「ステージ衣装」 (^^;

ちょっとサイケで、エキゾチック味も加わった
わりと派手目なシャツがないかな…と…

シャツつったって、襟があるような奴じゃなくてね(^^;

洋品屋があると、ちょっと物色していたのですが、
そんな中の一店…

軒先の高いところに、わりとそれっぽいのがぶら下がっております。

ま、せっかくなので店舗内部もちょっと眺めてみましょう!

って事で、入ったお店にて…
さっそく、店員のおっさんが近寄ってきました。

とここで、
『 ホテル パムッカレ リッチモンド スパ編 (後編)』
にも、ちょっと出演していただいた同行のYちゃんが…

「ステージ衣装さがしてるんだけど…」
(あ、もちろん英語でね)

と、のたまうわけね。

でも、アタクシとしては「????」なわけよ(^^;

アタクシが探しているのは、

「ステージ衣装として使えるような何か」

なのね。

いきなり「ステージ衣装」って言っても…
さて、このおっさん、どう対応するのやら…

アタクシも、その微妙なニュアンスを説明するほど
英語が堪能じゃありませんからね。

ちょっと、事の成り行きを見守ります。

すると、おっさん…

「よっしゃ、まかせとき!」
とばかりに、店舗の奥、さらに2階へと案内します。

そして、
「さぁ、選べ!」
とばかりに指をさします。

「ベリーダンス」の衣装コーナーでした!


なるほど! たしかにステージ衣装だわ! (^^)

でも、ベリーダンスよ?
みなさんおわかり?

あのへそ丸出しの…
うっすぅーい、ほぼスケスケみたいなピラピラの布よ?

このアタクシが? (^^;

なわけないやろ! (^^;

って事で、最初に店先で見たシャツを購入いたしました。


結構わろたで… (^^)


って事で、つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-09-22 10:33 | エクスプレストルコ



  バザールでゴザール! グランド・バザールでゴザール!!


下手したら、20年以上前の…

いやまてよ…

「下手」しなくても、20数年前の話だわ! (^^;

しかし! それが、

「世界まる見え!テレビ特捜部」


だったのか…


「世界ふしぎ発見」


だったのか…


「なるほどザワールド」


だったのか…


「世界まるごとHowマッチ」


だったのか…

今となっては不明…

しかも、それがほんとうに「イスタンブール」からの出題だったのか??

今となっては、深淵たる闇の中…

いやね、「チャイ」ってあるじゃん?

ま、単なる言い方の問題で、
「紅茶」以外の何物でもないんだけどさぁ(^^;

トルコ版の場合は、ガラスの小さめの器に入っていて、
結構砂糖を入れて飲むって事くらいの違いなわけさ…

でね…

どこかの国の、どこかの市場の中を、ぶら下げ式のトレーに乗せて
その「チャイ」を軽快に出前するっていう商売があって、
その「チャイ」が一杯いくらかって問題だったような気がするのね。

そしたら、必然的に、

「世界まるごとHowマッチ」

の様な気がするんだけど、

今となっては不明… (^^;

でもまぁ、一応調べてみると ↓ の様な記事もあるので、
「イスタンブールのチャイ屋さん、出前中」
どの番組だったかは置いておいても、
イスタンブールの「グランド・バザール」の話題だったのは
間違いないのかなぁ~~~ ってね(^^)


なので!

実は、結構楽しみにしていたのよね。 ここを訪れるのをさ…

買い物を楽しむって言うより、あのテレビで見た
異国の雰囲気を、ぜひ生で味わいたいな… ってさ… (^^)

文化的な建造物もそりゃ魅力的だけど、
こういう現地ならではの雰囲気っておもしろそうじゃん?

それに、なんつったって、超有名観光スポットでもあるからね。

って事で、地図を頼りに「スュレイマニエ・ジャーミー」から

たどり着いたのが、ここ…
c0207322_10374387.jpg


この「グランド・バザール」は本当に広大でして、
お店の数も4000店を超えるらしいです。

当然、入口だってたくさんあって、
上の画像をよく見ると、「Gate9」って書いてあるね。

たぶん、方向的に「正面玄関」的な入り口ではないと思うんだけどね


さあ、ほんじゃまぁ、「グランド・バザール」に足を踏み入れましょうか!


ってことで、つづく…


この時点での時刻は:11:40頃

このあたりの道のりは

『 「今どこ?」 がすぐにわかる [エクスプレストルコ] GoogleMap 編』

にて確認してください。

左のアイコンエリアの
・「スュレイマニエ・ジャーミー~グランド・バザール」
・「グランド・バザール」
をクリックね。


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_travel2 | 2010-09-21 10:40 | エクスプレストルコ